ビールはたくさん飲めても、 水はたくさん飲めないわけ

水を飲みすぎると、水中毒になって、最悪の場合は死にいたります。

大ジョッキで一気飲みなんてという光景をよく見かけます。

ところで、これを水にかえたら飲みほせるでしょうか。

残念ながら、途中でダウンする人が続出するはず。

これは、体の受け入れ方がちがうため。

どちらも、食道から胃に入ってそこで一時ためられるところまでは同じです。

しかし、水は少しずつしか十二指腸に送られず、小腸から大腸を通る間に腸壁からだけ吸収されます。

ところがアルコールは、腸壁だけでなく胃壁からも吸収されます。

そのとき、水も一緒に吸収されるのです。

また、アルコールは、炭酸ガスや砂糖を含むと吸収がはやまるという性質をもっています。

そのうえ、アルコールには利尿作用もありますから、たくさん飲むことができるというわけです。

タイトルとURLをコピーしました