ヤマイモは、なぜすりおろして食べるか

ねばねばしているので生では食べたくないです。

ヤマイモはイモ類のなかで珍しく生で食べることができる食品です。

ヤマイモには強力なアミラーゼ(澱粉分解酵素)が含まれていて、消化を促し、胃腸の働きをよくします。

このアミラーゼは、生で食べたほうが澱粉の消化がいいのです。

さらに、すりおろせば細胞を破壊することになり、アミラーゼの働きが十分利用できるというわけです。

すりおろしたヤマイモをさらにすり鉢でするのは、口あたりだけでなく、より消化をよくする作用もあるのです。

ただし、だし汁を加えてのばすときに熱い汁を加えると、イモが煮えてアミラーゼの作用も期待できないので注意してください。

とろろ汁がすぐれているのは、イモ自身の消化がよいばかりでなく、かけて食べ米飯、麦飯などの消化も良くする点。

ほかにも尿素分解酵素や酸化還元酵素を多く含んでいて、体内でできる有害な物質を分解すること。

強壮作用があって、基礎体力を強め成人病の予防に役立つことなどさまざま。

定期的にとりたい食品のひとつといえるようです。

タイトルとURLをコピーしました