リンスをすると髪がサラサラになるのはなぜ?

朝シャンをはやらせたシャンプー業界、近ごろはシャンプーとリンスが一本にまとまった商品を出したり、吸水性のいいタオルを売り出したりと、あの手この手で織烈な争いをしているようです。

ところで、基本的にシャンプーとリンスはどんな成分でできているのでしょう。

シャンプーは、汚れを落としやすくするためにアルカリ性を強くしてあります。

これに対しりンスのほうは、毛髪をいためないように中性に近い成分でつくられシャンプーで洗うと、毛の表面の脂肪分まで洗い流されて髪がゴワゴワになって摩擦が増すため、髪がからんだり固くなったりします。

そんなとき、リンスを使うと、混ぜこんである脂肪分が毛に乗って、サラサラのすべりやすい状態になるのです。

リンスは、水と油と両方になじむ部分があるため、もの表面をぬらしながら油性を持たせることができるからです。

ちなみに、石輪で洗髪していた時代には、リンスとして酢が使われていました。

タイトルとURLをコピーしました