冷やしすぎのピールはなぜまずいか

冷えたビールもあまり好きじゃありません。

冷えたビールをグッといっぱいやると仕事の疲れがふっとどぶから不思議です。

しかし、冷えすぎたビールは泡が立たず、おいしくありません。それはいったいなぜでしょう。

ビールの命は、なんといっても泡。泡によって口あたりをなめらかにし、苦みやアルコールの刺激を和らげるので、泡がないとビール独特の味を十分楽しむことがCaできないのです。

その上、冷えすぎると香りも減ってしまいます。

泡の正体は炭酸ガスですが、これはビールを発酵させるときにアルコールとともにできる炭酸ガスを、樽やびんの中に閉じこめておいたもの。

瓶の口を開けたとたん、ビールの中に溶けていた炭酸ガスが泡になって出てくるのです。

この炭酸ガスがビールに溶けこむ量は温度によって変わります。

温度が高くなるほど、溶けこむ量は少なく、冷たければその量は増えるのです。

ちなみに、日本のビールは、十度C前後でちょうどよく泡が出るように調節してあります。

タイトルとURLをコピーしました