初詣

初詣について、子どもにその意味と由来を説明

投稿日:

初詣の意味

  • 初詣(はつもうで)
  • 初参り(はつまいり)
  • 参詣(さんけい)

これから始まる一年間が良い年であるようにと祈るために、正月に初めて神社やお寺へお参りすることを初詣と言います。

初詣の由来

江戸時代までは、元旦に恵方参りといって、恵方にある神社にお参りする習慣がありました。この恵方参りが今日の初詣の由来とされています。

恵方とは、恵方巻でよく知られていますが、吉がくると言われる方角の事です。

干支(えと)によって、その方角が変わってきますが、江戸時代までは元旦に恵方にある神社へ行って、その一年が良い年であるように祈っていたのです。

近年になってからは、恵方よりも、有名なお寺や神社へ参ることに重点がおかれるようになり、わざわざ遠方からお参りする方も少なくありません。

初詣の歴史

江戸時代より、さらに前の時代の平安時代には、すでに「年籠り(としごもり)」という、一家の長が大晦日から元旦にかけ氏神様の社に籠る風習がありました。

年を超す大晦日から正月にかけて、その家を代表者(家長)がお寺や、神社に籠もり、氏神様(もしくはその土地を守ってくださる神様)に豊作や家内安全をお祈りしていたのです。

氏神様をしっかりお迎えできるように、寝ずに泊まり込んでいたのですね。

これは、仏教の説話として伝承されています。

大晦日から正月にかけて、お寺や神社へ出向く習慣が、初詣という形に変化しました。

初詣Q&A

いつから始まって広まった?

江戸時代の恵方参りがその原点といわれていますが、初詣とは言いませんでした。初詣が始まったと言える、明治時代からです。

鉄道会社が、交通機関を利用してもらうために、 川崎大師への 交通機関として利用しようと宣伝して初詣というイベントが生まれました。

鉄道で川崎大師へお参りに行こう!

おかげで、いまでも、川崎大師は初詣の人気スポットとなっています。

初詣はいつまでに行くの?

初詣は三が日までに行くのが普通の感覚ですが、厳格な決まりはありません。その年のはじめに参ったのが初詣です。お正月にお参りに行けない人も多いため、三が日を超えてから参る人も多くいます。自分で納得すれば、最初に参ったそれが初詣です。

なお、関東では1月7日までと言われています。

初詣は何回もしていいの?

もちろんです。回数にこだわりはありません。何度でも納得がいくまでお参りできます。気持ちの問題です。

お寺と神社と両方別々に分けてお参りする方も多くいます。

祈願はたくさんしていいの?

日本では、いろいろな神様にお願いしたほうがより効果的と考える人が多いのですが、中には、一つに絞ったほうがよいと考える人もいます。

お願い事の数は、あれもこれもというより、1つか2つに絞ったほうが集中できて効果があると考える人が多いです。

喪中の場合に初詣してよいのですか?

お正月は、神道の行事ですから、お寺にお参りするのは 喪中の場合でも問題ありません。

神社へお参りすることにあたっては、神社によっていろいろな考え方があるので、お参りする神社へ問い合わせするのが良いです。忌明け(遺族が喪に服す期間が終わった日)の後であれば、初詣してよいという神社もあります。

護摩札はお寺で、御守りは明治神宮でも問題ないものでしょうか?

何度も初詣に行ってる方もおりますし、お寺と神社両方に初詣しているかたもいますので、両方行っても構いません。

もともと初詣は、住んでいる地区の神社に参拝することが古くからの習わしですので、一箇所しか行くことはありませんでした。

交通機関の発達により、遠い神社やお寺であっても、お参りすることができるようになったため、遠くからでも有名な神社やお寺へ初詣に行くようになりました。

-初詣

Copyright© ガツン知識ネット , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.