千六本という野菜の切り方

ガツン知識

いちょう、拍子木、短冊、ぶつ、みじん、これなんだかわかりますか。

すべて調理の切り方の名称です。千六本というのもそのひとつですが、大根に使われること

が多いようです。

というのも、千六本という言葉はもともと「繊羅蔔」からきたもので、繊は繊維を、ろふは大根を意味します。

つまり、大根を繊維にそって細かく切るという意味だったのが、呼び方も千六本というふうに変わり、しだいに他の野菜にも使われるようになったのです。

千六本という切り方は、千切りより少し太めのマッチ棒ぐらいの大きさ。

千切りよりも細い切り方はしらが切りとぃい、しらがネギとかしらが大根などといいます。

しらが大根というとなじみがないかもしれませんが、「刺身のツマになっているあれ」といえば誰でもわかるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました