手品のハトは、白いハトでなければだめなのか

黒いシルクハットからパッとハトがでてくるときは、キジバトやドバトのような色がついているものよりも、白いハトのほうが見栄えがします。

白いハトが使われるのには、そんな理由が考えられますが、実は服の中に隠しておくのに都合がいいため。

というのも、あの白いハトはギンバトといって、他のハトより体が小さいにもかかわらず、羽を広げると普通のハトと同じ大きさに見えるからなのです。

それに性格もおとなしく、手品がスムーズに運ぶというわけです。

そうはいっても、どうしてあんなに長い間じっとしていられるのでしょう。

実は、ハトに限らず、鳥は仰向けにするとおとなしくなる性質があります。

それを利用しているのです。

もちろん、ヒナのときから大事に育てて仕込んでいるからこそ、失敗なくできるのです。

ハトを使う手品は、愛情があってこそ成功するものだともいえるようです。

タイトルとURLをコピーしました