新聞紙の上下にあるギザギザはなに?

新聞紙の上と下は、ピンキングばさみで切ったかのようにギザギザしています。

これは、輪転機に巻いてある新聞用紙を切る裁断機の刃が、ギザギザとノコギリ状になっているため。

輪転機を回転させながら瞬間的にスパッと切るには、普通のまっすぐな刃より、ギザギザの刃のほうが失敗が少ないのです。

日本で輪転機を使うようになったのは大正以降のことで、その前は一枚一枚切った紙を平台活版印刷機において刷っていました。

もちろん、紙にギザギザはありません。

なお、江戸時代に発行されていた瓦版は粘土版に文字や絵を彫り、それを焼いて刷版としたり、木版が使われたこともありました。

タイトルとURLをコピーしました