磁石がなくても大丈夫、時計で方角がわかる

山でなくても、方角が分からなくなる時があります。

山を歩いていて、方角がわからなくなったら、さあたいへん。

地図があっても、磁石がなければお手上げです。

でも、日がさしていて、時計があれば大丈夫。

短針と十二時を二等分する位置に太陽をあわせてください。

つまり、現在時刻が二時なら、一時の位置に太陽が来るようにするのです。

その位置で、時計の十二時がさしている方角が南、六時の方角が北、三時が西で九時が東になります。

また、短針を太陽の方向に向けた場合は、短針と十二時の方角の中間が南になります。

もし、天気が悪かったらこの方法は使えません。

そんなときは木の枝ぶりを見ること。

枝がよく伸び、生長が早いほうがだいたい南側です。

タイトルとURLをコピーしました