線路の砂利はなんのために敷いてあるの?

茶色く色づいた線路の砂利を見ると、線路とともに多くの列車が通過していった長い年月を感じさせられます。

線路と切っても切れないこの砂利は、列車が通るたびに重みを受ける線路や枕木が、地面にめり込まないようにクッションの役目をしています。

また、電車の騒音を吸収するのにも役立っているのです。

昔は川砂利を使っていましたが、ツルツルで壊れにくくうまくいきませんでした。

列車が通るさいに砂利が壊れることでエネルギーが吸収されるからです。

現在使われている砂利は、山から採った岩石を砕いたもの。固い石がよいので、安山岩や硬賞砂岩を使っています。

ときどき、線路の砂利をドリルのようなもので混ぜているのを見かけますが、これは砂利がつまってくるため、すきまをあけてクッション効果を落とさないようにしているのです。

なお、地下鉄の線路では、補修がたいへんなため、砂利のかわりにコンクリートがうたれているところが多いようです。しかし、クッションの役目は砂利に劣りますし、騒音もひどいようです。

タイトルとURLをコピーしました