ドライアイスの白い煙は、吸っても大丈夫でしょうか?

ガツン知識

ドライアイスは二酸化炭素

二酸化炭素を固めて個体にしたのがドライアイスですから、ドライアイスは二酸化炭素の塊です。

物を冷やすときによくドライアイスが使用されていますが、あまりの冷たさなのか、ドライアイスからは白い煙がでているのを見かけますね。

この白い煙を吸っていると、酸欠になって中毒にならないか心配になります。

しかし、心配することなかれ。

ドライアイスからでている白い煙は吸っても害はありません。

実は白い煙は、二酸化炭素ではなく、水蒸気だからです。

つまり水が気体になったものが白い煙の正体だと言うわけですね。

ドライアイスの周辺の空気が急激に冷やされて、空気中の水蒸気が目でみえるようになっているのです。

あのドライアイスからでている白い煙は、ただの冷えた空気です。二酸化炭素の塊ではありません。

白い煙は、冷たい空気なので、吸っても大丈夫です。

危険なドライアイス

実際のドライアイスは炭酸ガスでできた氷で、その温度はなんとマイナス78.5度といわれています。

普通の氷と比べた場合、その冷たさは異常です。

ドライアイスは、冷たいから利用価値があるのですから当然です。

ドライアイスを素手で触ることは絶対にやめましょう

こちらは危険です。

そして、念のために書いておきますが、ドライアイスが気化した物質は二酸化炭素です(透明で白く見えるとは限らない)から、二酸化炭素を吸う事は危険です。

窒息する可能性があります。

いくら白い煙が安全だからといっても、周辺には二酸化炭素が発生しているわけですから、限度を超えて吸うことは、危険です。

タイトルとURLをコピーしました