継ぎ目のない線路のレール

新幹線 ガツン知識
新幹線

レールは金属でできており、温度によって伸びたり縮んだりします。

伸び縮みするレールは、継ぎ目がないと膨らんだり、細くなったり、壊れる心配があります。

普通の線路には、決められた長さごとにつなぎ目があります。

そのおかげで、ガタンガタンと規則正しく音がします。

ところが、新幹線のレールは何百メートルもつなぎ目がありません。

スピードを出すためには、つなぎ目が少ない方が都合がいいからです。

しかし、よくみると実は、新幹線のレールにも継ぎ目はあります。

それはおいておいて、ところで、どうやってこんな長い線路を作るのでしょう。

まず、25メートル単位のレールが工場で作られ、それをトロッコで在来線を使って浜松町などにあるレールセンターに運びます。

ここで溶接して200メートルのレールにしてから、終電のあと、新幹線の線路で現場まで運び、1000~1500メートルに溶接して取りつけるのです。

タイトルとURLをコピーしました